五つの夜まで

アーティストANATAKIKOU
作詞北條真規
作曲北條真規・松浦正樹
広いオデコ撫でてあげる 手入れの雑な膝枕で
あなたの上着は温いの アタシの冷え性も眠るの

二人 朝寝のあとで 熱いうどんがまた食べたいの

丈の長い服の香り 一人 想いますあなたを
夜を五つ数えるまで この服の匂いと眠る

甘い言葉にも磨きがかかるの
一人 待つ夜が長いから
流行りにも似てる乱れた台詞に
繋ぎ合わせてみる

高い枕には馴染まないうなじ
左側の低さがいいの
五つ目の夜が明けるふくらみに
鼻歌雑じりの tututu
しまりがないのがいつもの午後なの
口開けたままの tututu

「日向の匂いだね」と軽く指を撫でる
「もう少し朝寝するの」五つの夜まで温めてね

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加