真冬の月

アーティスト河口恭吾
作詞小幡英之
作曲小幡英之
ポケットの中忘れてた
終わらぬ夢のかけらを
確かめるように取り出して
空にかざす

自分で決めたルールの中
繰り返した毎日
いつも何かに背中押されて
暮らしてた

大事なものをなくすたびに
ひきかえにして強さをまとって
傷ついた希望を
そっと解き放つ

乾いた夜の風
悲しみを洗うように
うつむいてた心を優しげに包む
遠くを見る君が
指さした空の彼方
信じ合える未来を探すよ

変わり続ける街の隅で
少し疲れた僕らを
真冬の月が何も言わず
見つめてた

時代を彩る光と影
揺れる世界に「答え」を求めて
駆け抜けて行くんだ
凄いスピードで

自由を手に入れた
僕たちの目指す明日が
朝焼けの向こうで懐かしく光る
浮かんだ迷いさえ
昨日へと消えるように
真っ直ぐに前だけ見つめて

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加