銀河鉄道

アーティストBUMP OF CHICKEN
作詞藤原基央
作曲藤原基央
電車の窓はガタガタ鳴く 生きた街を遠ざける
見送る人も居なかった僕の 生きた街を遠ざける

知っている景色と 知らない景色が
僕を騙すように いつの間にか 入れ替わる

僕の体は止まったままで 時速200kmを超えている
考える程に 可笑しな話だ 僕は止まったままなのに

こんなに可笑しな事 黙っちゃいられない
そう思って間もなく ひとりだったって 思い出す

誰もがそれぞれの 切符を買ってきたのだろう
今までの物語を 鞄に詰めてきたのだろう

リボン付きのクマが転がって来る 迷ったけど拾ってやる
同時に女の子が駆け寄って来る 僕を見て怖じ気付く

後悔した僕からクマを奪うと 礼も言わず逃げていく
もういいや 寝ようかな シートを倒す 後ろから舌打ちが聞こえる

聞こえない振りをして 保たれかかって
目を閉じてみたけど 気になるから 眠れない

誰もがそれぞれの 切符を買ってきたのだろう
荷物の置き場所を 必死で守ってきたのだろう

人は年を取る度 終わりに近付いていく
動いてない様に見えても 確かに進んでいる

自転車を漕いで手を振る人 見送りたい人が居るのだろう
相手を想うならやめてやれよ ちょっと恥ずかし過ぎるだろう

僕の体は止まったままで あの自転車を遠ざける
本当はとても羨ましかった 僕は止まったままだから

役には立てないし 邪魔はしちゃうし
目を閉じてみたけど 辛くなるから 目を開けた

真っ赤なキャンディが差し出されている 驚いたけど貰ってみる
笑った女の子が席に戻る 誰にも知られずに僕が泣く

電車の窓はガタガタ鳴く 生きる街を近付ける
出迎える人も居ないであろう僕の 生きる街を近付ける

誰もが それぞれの 切符を買ってきたのだろう
今までの物語を 鞄に詰めてきたのだろう
荷物の置き場所を 必死で守ってきたのだろう
これからの物語を 夢に見てきたのだろう

人は年を取る度 始まりから離れていく
動いてないように思えていた 僕だって進んでいる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加