CONFESSION

アーティストTM NETWORK
作詞西門加里
作曲木根尚登
向かいのビルの窓辺に
もたれたブロンドのレディ
交差点みつめて

道端で新聞かかえた
プエルトリコの少年は
ダイムを数える

君から届いたエアメイル
ながめて暮したこの街にも
なじみの笑顔がふえてきた
元気でいるか それが聞きたい

一日止まることのない
回転ドアに行き交う
男たちの影

遠く離れたこの場所
他人の息づかいさえ
なつかしく思う

今頃君は眠りについて
時計は別々の時刻を指す
逢えないぶんだけ近くなる
目を閉じればすぐ隣りまで

いくつもの出会いから
ほんの少しの友達ができたよ
うまく生きてゆくのは
あいかわらず下手だけど

不思議さ 心に浮かぶのは
いつでも 君の怒ってる顔
今なら ふたりで暮らすのも
悪くないと 思い始めた

今度向かいあったら
ほほえむだけでわかる気がする
うまく生きてゆくのは
あいかわらず下手だけど

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加