君がいた景色

アーティスト木之本桃矢 (CV:関智一)
作詞貴三優大
作曲根岸貴幸
「永遠」の真実(いみ)はまだわからないけど
思い出にかわる瞬間(とき) 何かが始まるよ

今でも時々 君の夢をみる
穏やかな星の降る夜に

振り向いた君は 何か言いかけて
その影を朝の光消していく

ずっといっしょに居たいよと言えもせず
だまって手を振るしかできなかった あのころ・・・

「さよなら」の傷に 胸はいたむけど
新しい出逢いを 今は信じていたい

季節はめぐって 目に映る空は
昨日より眩しく見えたよ

君がいた景色(シーン) 一歩踏み出して
歩き出す もう振り返りはしない

背中を向けてそのあとのため息も
君と過ごしたことの記念になれば いいね?

明日へと続く 道は遠くても
あたたかい風が そこには吹いている

「永遠」の真実(いみ)はまだわからないけど
思い出にかわる瞬間(とき) 何かが始まるよ

「さよなら」の傷に 胸はいたむけど
新しい出逢いを 今は信じていたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加