青春のスピード

アーティスト青春高校3年C組アイドル部
作詞秋元康
作曲宮崎まゆ
初めて君を見かけた あの三叉路で(あの三叉路で)
僕は(ああ)ハッとしたんだ
今まで見たことがない 女神のような(女神のような)
その輝きに心奪われた

紺の制服だけが
瞼(まぶた)に焼き付いてた
どこの(どこの)誰かなんて
わからなかったよ

走る自転車 一瞬の恋
何度も振り向きながら
声も掛けられずに 見送って
切なさだけが募(つの)って行く
僕らの青春の日々は
何も(何も)起きることなく スピード上げる

毎日 君を探した季節の中で(季節の中で)
僕は(ああ)恋を知った
どんなにキレイな花も 触れてしまえば(触れてしまえば)
その花びらが落ちてしまうように・・・

ずっと遠い場所から
こっそり眺めていた
だから(だから)始まりとか
終わりもなかった

ペダルを踏んで 立ち漕ぎした
清々しい君が好き
今 立ち止まらせちゃいけないと
なぜか僕は思ったんだ
いつでも青春ってやつは
後で(後で)気づくものだよ 通り過ぎたと・・・

走る自転車 一瞬の恋
何度も振り向きながら
声も掛けられずに 見送って
切なさだけが募(つの)って行く
僕らの青春の日々は
何も(何も)起きることなく スピード上げる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加