ガラスの草原

アーティスト菊池桃子
作詞売野雅勇
作曲林哲司
陽炎(かげろう)の線路に耳あてた
少年のあなたが振り返える

街角のプラタナスを染めてく風が
故郷の草原からたどり着く頃

あなたの写真に触れた指先が
想い出にそっとあたたまる

何も言えなくてうなずいたあの日
青春さえ時間は連れ去る

夏草の輝き思う時
あなたが遠くからささやくの

未来から届く青い手紙のように
優しさで私のこと導いてくの

あなたは私の心の勇気よ
夢を生きること教えたね

明日にはぐれた涙の破片(かけら)を
手を差しのべ笑顔で
希望に変えるひと・・・

何より素敵な贈り物なのね
遠くを見つめる眼差しが

あなたがその夢あきらめることは
淋しさよりつらいな・・・ 私は

草原がいつか雪に隠れても
真夏の輝き消えないわ

あなたが描いたまぶしい未来が
瞳(め)を閉じると心に映るの・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加