上海摩登姑娘

アーティスト川中美幸
作詞もず唱平
作曲商易
紹興酒(おさけ)を積み出す手を休め
別れを惜んだ 母の顔
想えば涙が こぼれます
摩登姑娘と呼ばれても
やっぱり恋しい ふるさとが

外灘(バンド)に灯りが点(とも)る頃
明日の倖せ語りあう
二人を夜霧が濡らします
摩登姑娘と呼ばれても
恋には揺れます人並みに

赦るして貰えば この秋に
結婚したいと思うひと
見つかりましたと書く便り
摩登姑娘と呼ばれても
父さんゆずりの筆の跡

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加