アーティストwyolica
作詞so-to
作曲so-to
思い出が移りゆく季節を嘆くように
あふれ出す涙は誰にも止められない

ときどき わからなくて 海沿いの道を歩いた
太陽が走らせた けだるい波が彼方に
君といればどんなときも 許し合えることができた
悲しい午後は 何もいわず渚に来た

思い出が移りゆく季節を嘆くように
あきらめた恋を なぜ人は大切にする

もう一度 初めからやり直せる恋だったら
思い出の諸で口づけを交わせばいい
雨の日には 濡れた窓の外 眺めながら 話をして
晴れる午後は 何も持たず渚に来た

燃え上がる季節が終わりを嘆くように
あきらめた恋を なぜ人は大切にする

思い出が移りゆく季節を嘆くように
あふれ出す涙は誰にも止められない

思い出の諸は 今ころ夕日浴びて
恋人を切なくさせるよ 波の音

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加