天高くおとめこゆる秋

アーティスト千夜 (CV:佐藤聡美)
作詞辻純更
作曲溝口雅大
はらりひらり扇が舞い 落ち葉色に織る錦
紅葉きれい ああもみじ饅頭が食べたいわ

赤とんぼは曼珠沙華と内緒話 今宵は十五夜
夕焼けのち月は昇る 月見団子のように

天高くおとめ肥ゆる秋かな 耳を澄ませば鈴の音が鳴く
長い夜には読書をしながら1ページごとに栗羊羹
実り実らせ魅惑の秋かな 季節のせいにしちゃいましょう
あれもこれも声を揃えてほら「召し上がれ」って囁いたから

こっくり深い帯締めの色で今を愉しむの
ほっくり甘いお芋や栗も今を愉しむの

黄金色の蝶々たちが世界を染めるようなイチョウ
並木道を歩きながら 銀杏は茶碗蒸しね

天高くおとめ肥ゆる秋かな 心澄まして彩る味覚
この気持ち思い切りキャンバスに描くなら抹茶ラテアート
芸術もおかわりする秋かな スポーツはちょっと遠慮しとくわ
だれもかれもほっぺから舞う落ち葉 「美味しいね」って素敵な言"葉"

編み上げのショートブーツで散歩
ふいに思い出に似た香り 金木犀の香り

天高くおとめ肥ゆる秋かな 耳を澄ませば鈴の音が鳴く
長い夜には読書をしながら1行ごとにかぼちゃパイ
実り実らせ魅惑の秋かな 季節のせいにしちゃいましょう
あれもこれも声を揃えてほら「召し上がれ」って囁いたから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加