夏恋花

アーティストROOT FIVE
作詞TOTAL OBJECTION
作曲TOTAL OBJECTION
永く永く届けと乞いし
空に舞ふ想ひ何処に
いずれ散りぬ花火にさへ灯すのは
罪でしょうか

涙と共に帳が落ちる
夕蝉の音に恋時雨
長夜にはまだ少し遠くて
もどかしくそっと微睡む

足下揺れる火を
隣で眺めたあの日はもう・・・

永く永く貴方を乞ひし
空に舞ふ想ひ何処に
やがて消える花火にさへ惜しむのは
罪でしょうか
淡く淡く千切れた恋を
空に謳うほど切なく
いずれ去りぬ貴方にさへ届かぬは
罰でしょうか

渚を包む夕暮れ時に
染まる頬紅恋しくて
「明日は清か」と別れ日和に
共に見上げた斑雲

-卯の花に寄り添ふ蝶は想ひ人
宵に紛うて消ゆ定かな-

永く永く貴方を乞ひし
空に舞ふ想ひ何処に
やがて散りぬこの身にさへ惜しむのは
罪でしょうか
淡く淡く途切れた恋を
空に放つほど愛しく
いずれ去りぬ貴方に今届くのは
何でしょうか

幼き日々に隠した嘘を
咎めることに意味はないのに
何故この胸は締め付けるのか
貴方と過ごしたあの日はもう・・・

永く永く貴方を乞ひし
空に舞ふ想ひ何処に
やがて消える花火にさへ惜しむのは
罪でしょうか
淡く淡く千切れた恋を
空に謳うほど切なく
いずれ去りぬ貴方にさへ届かぬは
罰でしょうか

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加