孔雀舞

アーティスト金沢明子
作詞横山賢一, 水木かおる
作曲竹田賢
天(あま)の橋立(はしだて) 恋一文字(こいいちもんじ)
船は行(ゆ)く行く 中の瀬あたり
砂の架(か)け橋 内海(うちなみ)を
抱いてしずかに 眠るやら

わたしゃ丹後(たんご)の夜祭りに
さした紅より 肌染めて
女ごころを ひとさし舞えば
花も散る散る 夢も散る
若狭(わかさ) 別れの 孔雀舞

磯の明神(みょうじん) 願(がん)かけしても
叶(かな)うものなやら 白波(しらなみ)ばかり
ひとり寝る身の 淋(さみ)しさに
月もやせたか やつれたか

わたしゃ丹後の 片羽鳥(かたはどり)
飛べぬつばさを ふるわせて
つきぬ名残に しみじみ舞えば
しぐる降る降る 風も鳴る
若狭 別れの 孔雀舞

わたしゃ丹後の 片羽鳥(かたはどり)
飛べぬつばさを ふるわせて
つきぬ名残に しみじみ舞えば
しぐる降る降る 風も鳴る
若狭 別れの 孔雀舞

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加