ALL IS VANITY

アーティスト角松敏生
作詞角松敏生
作曲角松敏生
朽ち果てたビルの影から昇る
太陽の なんて冷たい目差しよ
汚れない少女の胸に宿る夢さえも
いつか欲望に変えてしまうのか
僕に教えてくれ 何も愛せばいいの

THAT'S TIME HAS GONE
時は生まれてすぐに消えゆく運命を
演じている

清楚かでありつづけることは
愚かしい事と知ったならば
君は 汚された街にも咲ける花になればいい
そして何も望まずにいられたら
きっと愛しあえる そして生まれ変わる

THAT'S TIME HAS GONE
何かに縋ればそれが
苦しみも連れてくること 気付いて!!

一日がまた始まるとすぐに
無口な人々よ
THAT'S TIME HAS GONE
どこへ 流れてゆくの
真夏の吐息に疲れたままで

THAT'S TIME HAS GONE
時は生まれてすぐに消えゆく運命を
演じている

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加