鳥曇り

アーティスト須田景凪
作詞須田景凪
作曲須田景凪
ふらり 街の渦を泳いでは
落ちる灯を逆さに映した
いずれ 誰も居なくなって
まるで烏有に帰す様に雲に混ざって

ゆらり 風を浴びて踊るだけ
南を背に憂惧を味わった
いずれ 孤独は育っていく
まるで浮遊に身を任す季節の様に

上から見えた 信号灯
何処へも行けずに生きていくの
それじゃ さよなら お別れね
これからどうしよう あたしは懲りもせず
名残惜しいまんま あなたを目で追っていた

だってって言ったって あなたはいつもそうよ 口だけなのね
青い好天が邪魔をする また今日を肯定する
待ってって言ったって 一度も振り向きもしないあなただった
酷くぬるい風でした それが 嗚呼 大好きでした

ひらり 舞い過ぎ行く葉の色を
あなたは横目に遠く飛び去った
いずれ 溢した想いなんて
まるで道に迷い喚く子供の様だ

ああ もう やだ やだな
くらくらと 漂った ただ酔った
間違った 街だった 預かった 朝なんか
一刻も早く 手離したいな でもどうせ
その度に思い出してしまうのは
自分勝手なあなたの寂しそうな横顔

去ってって行ったって あたしもいつもそうよ 口だけなのね
鈍い曇天が邪魔をする また空は回転する
降ってって行ったって 誰にも吐き出せもしない心だった
酷くぬるい雨でした その度 甘えていました

いつか 宙に舞う羽が 極彩色を味わって
歌うこと それすらを諦めてしまわぬ様に
今夜 後にする この街の角を攫って
逃げようよ 二度と戻りはしない

だってって言ったって あなたはいつもそうよ 口だけなのね
青い好天が邪魔をする また今日を肯定する
待ってって言ったって 一度も振り向きもしないあなただった
酷くぬるい風でした それが 嗚呼

勝手って苛立って ふたりはいつもそうよ 変われないのね
巡る暗転の行く末は 知らない 知らない 知りたくもない
待ってって言ったって 一度も振り向きもしないあなただった
酷くぬるい風でした それが 嗚呼 大好きでした

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加