無垢の砂~「パリは燃えているか」によせて~

アーティスト加藤登紀子
作詞加藤登紀子
作曲加古隆
時間という大きな土のかたまりは
さらさらとふるいにかけられて
静かに地面に落ちていく
物言わぬ無名の人たちは
静かな白い砂粒だ

そこはどんな国だったか どんな言葉を話したか
どんな神様を拝んだか
それはどこにも残らない
平和を愛し生きた人々は
静かな白い砂粒だ
いつか海の底に集まり永遠の眠りについている

ふるいにかけられた石ころは
時間の外に捨てられた
ごりごりと醜い鉄くずは
捨てることさえはばかられた
どぎつく彩られた王冠も
金文字の刻まれた墓石も
永遠の砂浜には決して帰ることはない

いつからか時間の外に捨てられた
石ころや鉄くずや王冠や墓石を
人々は歴史と名付けた

物言わぬ白い砂は永遠の時間
平和を愛し生きた人々の美しい言葉はいつか
海の歌に変わる
いつの日か歴史という大きな墓標が
無残に朽ち果てた時
人々は海の歌をうたう日をむかえるだろうか

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加