コージ

アーティスト加藤登紀子
作詞倉本聰
作曲加藤登紀子
コージのおやじは炭鉱で死んだ コージ16才の夏のこと
残されたおふくろと妹のために 何とかしなくちゃいけないと
こわれた炭鉱長屋の片すみで 毎晩一人でうたのけいこをした

つぶれかけた炭鉱の町に コージのうたが風にのって流れていった
すがりつくものが何もないから 哀しみに誰もがすがりつく
コージのうたはうまくはないけど コージのうたは俺たちのうた

ある日札幌のディレクターが来て コーヒー1杯おごられてコージは町を出た
ラジオから流れるコージのうたは いつか日本中に流れていった
悲しみにみちた街から街へ コージはうたって歩いた ラララ・・・

コージが生まれた故郷の町の 炭鉱がついに閉鎖になった
若者たちは町を救うために 大きな祭りを考えた
この町が生んだヒーロー コージをもう一度呼んで 歌おうと

東京のコージに電話をかけたけど コージはなかなかつかまらなかった
冷たい声の女の言葉が ただ事務的にかえって来た
ギャラは900万スタッフは25人 コンサートは遠い遠い夢になった

ギターひとつでうたっていた コージのうたをもう聞くことは出来ない
祭りは作れず炭鉱は消えて 町のにぎわいも子供の声も消えていった
山にはただ静けさと 自然の大きな息吹が残された

10年たったこの小さな町 暮らしに疲れた女がある日聞いた
廃屋の影からギターひとつで うたう男の淋しいうた
その男の横顔にはあのなつかしい コージの面影がみえた

あんたたしかにコージじゃないか どうしてそんなとこにいるんだよ
コージどうして泣いたりするのさ みんなずっと待っていたんだよ
コージみんなを呼んでくるから もう一度あのうたをうたおうよ
コージみんなを呼んでくるから もう一度あのうたをうたおうよ

ラララ・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加