あの小さな家

アーティスト加藤登紀子
作詞加藤登紀子
作曲加藤登紀子
後ろを向いてきたわけじゃない
ひらすら歩いてきた
なのにいつも見えるのは
子供の頃のあの家
朝日を受けて立っていた
あの小さな家
傍には川が流れて
柿の木が一本
風が吹けばがたがた揺れる
雨が降れば雫がしみとおる

破れた障子の穴からいつも
庭に咲いた花が
風に揺れているのを
見ていたあの頃

冷たすぎる風に震え
遠い山の道を
ひとりでとぼとぼ歩いた
あの寂しい黄昏
夕日を受けて立っていた
あの小さな家
屋根から鳥が飛び立ち
赤い陽に染まった

幸せだったわけじゃないのに
風のにおいがいつまでも消えない
今はもうどこにもない
あの小さな家
今はもう帰れない
あの小さな家

後ろを向いて来たわけじゃない
ひたすら歩いてきた・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加