ラ・ボエーム La boheme

アーティスト加藤登紀子
作詞Jacque Plante, 訳詞:加藤登紀子
作曲Charles Aznavour
二十歳の頃の話をしよう あの頃僕は
小さな部屋で 君と暮らした
リラの花が 窓の下に咲いていたね
その木の枝で 愛し合った
貧しさなど 忘れるため

ラ・ボエーム ラ・ボエーム
君はヌードのモデルをしていた
ラ・ボエーム ラ・ボエーム
飢えていたね二人

誰もがいつか とげる夢を 信じていた
カフェの中で 冬の寒さを 忘れるまで
熱い酒をくみかわして 詩を読み合った
誰もが貧しく飢えていた 夢に燃えて

ラ・ボエーム ラ・ボエーム
きれいだったね 君は
ラ・ボエーム ラ・ボエーム
輝いていたあの頃

時には 眠らずに かきつづけた 君の姿
朝になって 窓のそばで 熱いコーヒー
飲んでいると たまらなくて 君を抱いた
すてきな夜 すてきな朝 君を愛した

ラ・ボエーム ラ・ボエーム
それは二十歳のことさ
ラ・ボエーム ラ・ボエーム
そんな時代に生きていた

ある日僕は 来てみたんだ あの頃の街へ
僕のすべてを 知ってるはずのあのカフェも
歩きなれた 通りも壁もアトリエさえも
すべては消え リラの花も枯れていたよ

ラ・ボエーム ラ・ボエーム
若く燃えていた
ラ・ボエーム ラ・ボエーム
帰らない日々よ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加