卒業するのは少しさみしい

アーティストSOLEIL
作詞澤部渡
作曲澤部渡
ああ 踊り場の姿見は私を映すばかりで
いつか こんな時も なつかしくなるのね

ああ 通い慣れた駅のホームを
急行の列車が スピードつけて 通り過ぎる

私だけの今を 誰もしらないけど
痛みはまるで みぞれのように甘く
それは これからのわたしに贈る センチメント
細い腕で 抱きしめる

この窓からの景色は 何十年経っても
変わらないでいてほしい
なんて思うけれど

最後のチャイム響いて
なにか変わるはずなんかないけど
きっと姿見もみないで降りた
階段は未来へ 続いてる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加