夏空の景色

アーティスト霜月はるか×生天目仁美
作詞アキレスKEN
作曲Morrigan
真夏の 照り付ける街 太陽が
もう ジリジリ 焼けてゆく 空 見上げたら

ふっと 忘れていた 昔 海の見える
家の縁側で 遊んだね 蝉の声の中
さわやかな風が吹く

どこまでも続く雲で 果てしない旅をして
夢を語ったあの頃 君に会いたいよ

風鈴 風に揺れ
優しく 音奏(おとかな)で まぶたを閉じた

ビル風 吹き抜ける街 アスファルト
そう 自由に 浮かんでる 雲 見上げたら

ふいに 飛び出したい今は 背伸びすぎて
少し休憩さ ゆっくりと 過ごす夏の空

どこまでも続く青に 願い叶う気がして
雑踏の街の中を 走り抜けていた
どこまでも続く雲で あてもない旅をして
懐かしい景色の中 君に会いたくて

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加