妖かし千夜一夜

アーティスト片霧烈火
作詞片霧烈火
作曲橋本鏡也
「此の路や一体何所々々まで歩けば良いの」と呟けば
「延々続きまするぞな」と――は、何方彼方の答やらな・・・

小さな行灯 片手に歩めば 「進むが好しや」と嗤い

揺・凛・弄(ゆらりんろう)と、さも蜻蛉と背中を圧す闇蟲が声
幾度と響く風の唄は敵か味方か、嗚呼果たして・・・

深々月夜を 背負う何者か 「戻るは無しや」と嗤う

性悪共に誘われて、迷い込み踏み込んだは
誰も知らぬ妖かしの土地、生きて還りたいならば
さあさ御出で、未だ抜けた者の居ない、此の森へ・・・

触・夜・離(ざわりよろり)と、蠢く其れは正に人で無しものの声
何処かにて啼いた梟の、決して月如し眼に非ず・・・

お天道様さえ 見抜けぬ悪鬼の まこと無残な思惑

物の怪らよ贄は揃うた、闇色を纏いて、さあ
誰も居らぬ妖かしの街、子供らの白き御魂
さあさ連れて、逝くが良いよ、魑魅(すだま)の花一匁(はないちもんめ)・・・

――蝋燭吹消し げに悍(おぞま)しき 奇談に幕を下ろせば

怨みつらみを語り尽くす 禍々しき戯(あそ)びにて
「百にはまだまだ足らぬぞ」と 囁く嗄れ声が
君や私でない、としたならば、何ぞの物やらな・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加