宵祭

アーティスト生天目仁美
作詞アキレスKEN
作曲HIR
夕陽落ちて 暮れゆく森に 揺らめく 篝火(かがりび)
石畳 人の波間に 誘(いざな)う 真夏の宵

遙か 笛の音(ね)の 調べに 目を閉じれば
太鼓の 響き 闇に溶け

懐かし 縁日に 幼き 想い巡り
祭りの 夜明けて 空 星が流れ

華やいだ 光の屋台 浮かんだ 風船
のぼり幡(はた) 白い浴衣に 涼しく 夜風の吹く

集う 子供達 はしゃいだ 顔並んで
囃子(はやし)の 声は 山に抜け

並んだ 堤灯の 灯りに 導かれて
祭りの 夜つづく 道 人は溢れ

夏の 夜(よ)の夢よ このまま 消えないでと
心の 願い いつまでも

賑やか 宵祭り 今年の 祈り載せて
変わらぬ 古(いにしえ)の 風 今に届け

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加