海月

アーティスト松室政哉
作詞松室政哉
作曲松室政哉
こんなに君のこと想えば想うほど苦しくなる
この手伸ばせば触れられるくらい近くにいても

俯いた瞳から溢れてくその記憶を拭うために
僕に出来ること ずっと探してるんだ

例えば夜の海に映る月明かりは
波間に揺らいでも
水平線まで明日への道を描いてくのさ

君が流した涙の海に浮かぶ僕は海月
彷徨いながら 踠きながらも
散らばった笑顔の欠片 集めてく
君が流した涙の海に光満ちるように
ただちっぽけな僕だとしても全て守りたいよ

いつの日か毎日に安らぎが戻った後も
君の傍で同じ景色をずっと見つめてたいんだ

例えば夜の海に映る月明かりは
淡い輝きでも
闇を掻き分けて 遥か彼方を照らしてくのさ

君が流した涙の海に浮かぶ僕は海月
初めて覗いた深い場所には
断ち切れない想いの欠片 沈んでた
世界で一番小さな海を受け止めさせてよ
失ってから気付くものなんて僕はいらないから

君が流した涙の海に浮かぶ僕は海月
彷徨いながら 踠きながらも
散らばった笑顔の欠片 集めてく
君が流した涙の海に光満ちるように
ただちっぽけな僕だとしても全て守りたいよ
君が好きだから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加