塀の上で

アーティスト矢野顕子
作詞鈴木慶一
作曲鈴木慶一
空は未だ群青色の朝
外はそぼ降る純色の雨
窓にこびりついた残り顔流し
牛乳瓶に注ぎ込む雨よ

惚れられ惚れて早一年経って
若さと馬鹿さ空転りするさ
ヒールが七糎のブーツをはいて
ぼくを踏み潰して出ていった
朝よ

塀の上で 塀の上で
ぼくは雨に流れみてただけさ

誘導灯が流し目くれて
広告塔が空に投げキッス
羽田から飛行機でロンドンへ
ぼくの嘆き持ってお嫁に行くんだね
今日は

塀の上で 塀の上で
ぼくは雨に流れみてただけさ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加