花火

アーティストThe Super Ball
作詞The Super Ball
作曲The Super Ball
偽りの装いは好きじゃない
君はそんな瞳をしていた
飾り気ない その笑顔に
僕は一瞬で恋に落ちた

横殴り 雨降る遊園地も
纏わりつく 蒸し暑さも
溶けていった かき氷も
君がいれば何でもよかった

薄紫の浴衣姿が
いつまでたっても
脳に焼き付いて離れないよ
ねえ僕はどうやって
生きていけばいいのだろう?

夜空に光って落ちた花火とともに
大粒の涙がこぼれていく
ただ心が痛くて・・・ 息苦しくて・・・
夜空に咲いて散る花火のように
消えてしまえれば楽だろう
もう君に会えないなら
今 世界の終わりが訪れたって
構わないや

押し寄せる人混みに
妙な静けさを覚えるんだ
気づけば頬を伝う光るものが
残酷な現実を突きつけてくる

揺れるピアスに
巻かれた茶色の髪
また残像に重ね合わせるけど
地球の端から端まで探しても
見つからないこと分かってる

夜空に咲いて散る花火のような
愛の記憶に締め付けられる
もう君に会えないなら
明日の朝が来ても来なくても
構わないや

闇夜で誰かを照らす花火のように
君は僕の光だった
暗くて何も見えないさ
歩けないよ

もういっそ咲いて消える花火のように
君の全部忘れられたらいいのに
たとえ誰に手を
差し伸べられたとしても今は
立ち上がれないや

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加