愛と呼べる木の下で

アーティスト一十木音也 (CV:寺島拓篤)
作詞上松範康 (Elements Garden)
作曲上松範康 (Elements Garden)
「ただいま」と帰らぬ言の葉を
シンと冷えきった部屋に落とす
それでも毎日言わなくちゃ・・・ね
「はい」って先生に返事したから

手を洗う鏡の前が いつも少し嫌いだった
笑うことで逃げる自分は 一体誰似なの?と
答えのない気持ちが 痛くて

歌を大空に叫んでいれば
いつかあなたに届くかな
太陽になれれば花と開けば
どこか誰かの元気-ひまわり-に
真っ直ぐなこの名を胸に
過去を越え 笑顔を贈りたい
・・・愛故に

時間と云う名のメトロノーム
なぜか刻む時は早すぎて
かけがえのない楽しい今に
止-とど-まりたい想いが募った

ステージが終わる瞬間の あの寂しくなるバイバイも
また今度抱き合う為の 大切な「永遠」が
続きますようにって キスだと ・・・!

だから俺が今此処に居ること
全力で笑ってること
響き合ってること生きていること
うまく伝わるかわからないけど
全部の俺を見て欲しい
永久-とわ-の未来 一緒に創りたい
・・・心から

一から十へと そして無限に
重なる愛を種にして
メロディは息吹いて ミュージックの木へ
音符が咲いて 夢に也-なり-・・・!

俺は俺だって 上を向けるよ
涙こらえる為じゃなく
守らせて欲しい ついて来て欲しい
そして歩もう明日へと
真っ直ぐなこの名を胸に
みんなへと 笑顔を贈りたい
・・・愛故に!

「ただいま」はもう怖くないんだ
一人じゃないことわかったから
今この音楽を聴く君が
俺の・・・俺の帰る場所だから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加