津軽海峡鮪船

アーティスト鏡五郎
作詞鈴木信子
作曲山崎剛昭
一世一代 鮪(まぐろ)に賭けた
男いのちの 一本釣りだ
獲るか獲れぬで 天地の違い
揺れる小船は 戦船(いくさぶね)
津軽海峡 大間の漁場

俺は十五で おやじの船に
夢を追いかけ 二十と五年
海猫(ごめ)が騒げば 鮪(まぐろ)が来ると
烏賊(いか)を仕掛けて この勝負
津軽海峡 故郷港(ふるさとみなと)

獲(と)れた鮪(まぐろ)の 背鰭(せびれ)を切って
神に供えて 両手を合わす
湯割焼酎 祝いの酒だ
笑顔嬉しい 恋女房
津軽海峡 男の漁場

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加