淡雪の橋

アーティスト鏡五郎
作詞木下龍太郎
作曲久保進一
紙縒(こより)で作った 指輪だけれど
女にゃうれしい くすり指
雪よ降れ降れ 帰れぬほどに・・・・・・
明日(あす)は二人じゃ 渡れない
宿の前には 淡雪の橋

付けてはいけない 貴方のために
口紅拭(ふ)き取る 宿鏡(やどかがみ)
雪よ降れ降れ 列車も止まれ・・・・・・
朝が来たなら しあわせも
解(と)けて消えてく 淡雪の橋

形見に残して 置きたいけれど
移り香流した 夜明け風呂
雪よ降れ降れ 渡れぬように・・・・・・
胸の想いは届かずに
いつか止んでる 淡雪の橋

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加