リビングデッド・スイマー

アーティストHalo at 四畳半
作詞渡井翔汰
作曲渡井翔汰
幻の様な光を 追いかけ彷徨っていた
僕らはまたひとつ夜を塗り潰して

街に蔓延ったリビングデッド
継ぎ接ぎだらけになった身体に
宿した夢をまだ憶えている

奇跡の中を泳いで 悲劇すら身に纏っていこう
君をただ君たらしめる為の傷だろう
破れた願いを縫い合わせ 反旗を翻しにいこう
この夜をただ泳ぎ切るための歌

リビングデッド・スイマー

街には光が溢れて 誰もが眩しく映った
そこから僕らはどんな姿に見える?

誰かが言ってた この街には数え切れない
憧れ 夢 希望 望みがあると
確かにそれらすべて見つけたよ
どれもが持ち主不明の遺失物

砕けた希望を抱えて 噛み締めた後悔でさえも
君がただ未来へと植える決意の花だろう
涙は堪えた 今はまだ 流すに値しないのだと
いつの日か喜びに満ちた落涙を

奇跡を見慣れてしまった 僕らは飾り物の目で
少しずつ継ぎ接ぎになっていく身体

誰もが光を宿すのに それには気付けないままで
この夜を泳いでいく

奇跡の中を泳いで 悲劇すら身に纏っていこう
君をただ君たらしめる為の傷だろう さあ
願いも 挫折も 幻も すべてが君を光らせていく
この夜をただ泳ぎ切るための歌

リビングデッド・スイマー

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加