悲しみもいつかは

アーティストHalo at 四畳半
作詞渡井翔汰
作曲渡井翔汰
この生命が底をつく その日までは
悲しみと背中合わせに
降り掛かるすべてを奇跡と言うなら
痛みすらも愛せるかな

悲しみもいつかは 忘れてしまうから
たった一瞬の思いを守るように
閉じ込められた君を救い出すのさ
この鼓動が止まる日まで 終わりは来ないから

翔ける鳥が空を知らぬように
海を知らぬ魚のように
有り触れたものがそこにあったとしても
幸せとは気付けなかった

誰もが孤独な詩を詠う詩人だ
日々を綴るように 立ち向かうべき明日へ
幸福の最中で 僕らは何を捜している
思い出せるかい

悲しみもいつかは 忘れてしまうかな
たった一遍の話を描くように
涙で滲んだ君の物語が
ただひとつの誇りなんだ 代わりなどないから

空が零した涙が やがて僕らを濡らして
傘も無く立ち尽くした それでも残る希望が

無情にも時間は 僕らを変えていく
朽ち果てた過去を弔うばかりで
君のいた日々を今が食べ漁る
思い出が思い出に塗り潰されていく

すべてを失くした朝の中で
何も言わず 隣にいた
この目には見えないものばかりが
今 君を象っている

悲しみもいつかは 忘れてしまうなら
たった一節に思いを託すように
閉じ込められた君へ伝えに行くよ
何一つも 忘れないさ
悲しみもいつかは

たった一瞬で
たった一節で
君を救うから

悲しみもいつかは 誰かを守る理由に

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加