縋 -sugare-

アーティストBOYS END SWING GIRL
作詞冨塚大地, jam
作曲冨塚大地
水面に生まれた虫の屍 波紋が逃げてく まるで魂のようだ
羽をもがれ落ちた水の中で どうせ息絶えるなら
藻掻くことすら不幸じゃないか

沈んでくソレを眺めているだけ
同じように僕も この時代で 生きるなら

今日も掴まる場所の無い世界に
爪一枚で歯牙みつくのさ
最初から羽根のなかった僕だけど
縋れ 今生きる意味なんか なくても

隙間なく積まれた人のシアワセ 顔が見えない 配達される生活
スライドされ消える日々の中に 本音隠しながら
「見つけてよ」って叫んでいる

自分探しの果てに出会ったのは
誰かに探してもらいたいと思う自分だ

どうせ 愛に殺されるだけなのに
「信じたい」とかまだ呟いて
すべての人に手を放された僕だ
縋れ あの水に堕ちるのは 怖いよ

知らない間に僕たちは 息を止めすぎたようだ
水の中 足宛いても 何処にもいけないや
鏡の前 張り付いた その笑顔で 今日も獲物を狙って
恍惚に浸るでもなく 虚しさで腹を満たす

掴まる場所の無い世界を
また擬態して ひとり歩いてる
賑やかな街を眺めてみたって 誰も繋がってない

今日も掴まる場所の無い世界に 爪一枚で歯牙みつくのさ
最初から羽根のなかった僕だから
縋れ いま生きる意味よりも

縋れ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加