夢のかけら ~Romantico~

アーティスト海堂直也(唐橋充)
作詞藤林聖子
作曲幸塚淑夫
夢描いた遠い空は 茜色の雲のまま
旅人には優しく 続きを魅せてるのだろう

悲しみとはこの胸の痛みさえ
愛すべき者と忘れること・・・
羽根を持った命さえ千切れ
水の上をやがて漂うのか

夢描いた遠い空は 茜色の雲のまま
何処までも何処までも残して流れるのだろう

夢をいつか通り過ぎた 空も見上げられるから
忘れゆくことでさえ怖れて流れるのだろう

夢のかけら風に揺られるから
逃げないように手をのばす勇気もなく
ただ立ちすくむだけの窓
明日はこの風も止むだろう

夢を捨てた遠いあの日 涙滲む空は今
立ち止まった者には何色に映るだろうか

声を抑えて泣くような風の中で
愛すべき何かを手繰り寄せよう・・・
としてももう何もかも千切れ
水面の蝶に似た夢のかけら

夢描いた遠い空は 茜色の雲のまま
旅人には優しく続きを魅せてるのだろう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加