セピアの日

アーティスト皆谷尚美
作詞皆谷尚美
作曲皆谷尚美
そんなに無口になったら
笑えなくなるじゃない
誰もいない校舎歩いた
風に飛ばされないように
無邪気に笑った写真は
色あせていくけれど
そこには 今でも風が吹いて
涙がとまらない

通り過ぎた日の跡は
情景だけがずっと残る
ふざけあった時も すれ違った時も
ちゃんとこの目で 見ておきたい

もう君と会えない
同じ夢 遠くまで追いかけた
セピアの日 いつまでも
輝いて 二人の宝物

夕暮れ駅のホームで
ざわめきとベルが響く
小さくうなずいた声さえ 届かずに
淋しくなる

言葉にしようと思うと
なぜだかすぐに消えてしまう
とても大切で かけがえないもので
分かっているのに 言えないまま

何かを求めて 心のドアを開けて
不安に負けそうで見上げた空
君のままでいて 自分の力を信じて
新しい季節を探しに行こう

もう君と会えない
次のステージへと向かっていく
セピアの日 サヨナラ
忘れないよ 大きく手を振った

夕日の風に押されて
ゆっくりと電車が動きだす
またいつか この場所へ
セピアの夏へ帰ってこよう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加