あの頃は何もわからなかった (with Marty Friedman)

アーティストdps
作詞Tsuyoshi Yasui
作曲Atsushi Kawamura
春夏秋冬 季節めぐるたび
孤独にもがく夢を見た
虚しい思いと 雨上がりの匂い
交差点に取り残されて
戸惑ってばかりいた

あの頃は何もわからなかった
意味のない呼吸ばかりして
穴の空いた器に 水を注ぎ続けるみたいに
あの頃は何もわからなかった
敷かれたレールの上から
どうしても降りられなくて

いつからだろう あなたのことでさえも
知らずに傷つけてしまってた
自分でさえも 気が付かないぐらいの
どうしようもない嘘重ねていた
悔やんでばかりいて

あの頃は何もわからなかった
何をしても裏目に出て
容赦なく毎日訪れる朝が怖くなっていた
あの頃は何もわからなかった
今さら気付いたところで
もう遅いかもしれない

叶う事ない理想を見ても
それだけじゃひとつも変わらない
だけどあなただけはいつも隣にいてくれた

ここには居場所があるって
あなたが気付かせてくれたから
悪い夢から覚めたのか
だから迷わず少し今日を好きになる

あの頃にもうサヨナラして
新しい服を着よう
清々しい光を 初めてこの体に浴びて
あの頃は何もわからなかった
この世に生まれた意味すらも
でも少しだけ顔を上げて今日を生きていく

That time I was too young
Just only bad days
But, Whenever, you're
always by my side

That time I was too young
Just only bad days
But, Whenever, you're
always by my side

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加