にょろにょろ

アーティスト陰陽座
作詞瞬火
作曲瞬火
髫髪子(うないご)の 手房(たぶさ)へ
明日の 火を灯す
夢現(ゆめうつつ)の 光りかの 藁(わら)
もがる 宇宙の彼方へ
投(な)いだ手を 延ばせば
未(ま)だ 産まれ立ての
無窮(むきゅう)の 才(かど)は
垂(しだ)らない故(から)

心が 滑り堕ちるときは
冀望(きぼう)の数より 愛(かな)しさだけ 求めた
如何(どう)して 胸が 熱(ほと)る ときは
鬱(ふさ)いだ 悄気込(しょげこ)みも 空に消えた

幼気(いたいけ)を 携(たずさ)え
嘖(さいな)む悲(ひ)を 躱(かわ)す
夢心地の 赤らかの 末那(まな)さあ
おがる 仔虫(しちゅう)の貴方へ
涕(なみだ)を 取り成せば
未だ 忘れ掛けの
夢中の 窗(まど)は 無くさない故(から)

何かを 成せる 意志の 在り処(か)
何処(いずこ)はあれども
此処(ここ)では無いと 撥(は)ねた
然(そ)うして 辿(たど)り着いた 海は
澱(よど)んだ 斑声(むらごえ)も
若音(わかね)に変えて

幼気(いたいけ)を 携(たずさ)え
嘖(さいな)む 悲(ひ)を 躱(かわ)す
夢心地の 赤らかの 末那(まな)さあ
おがる 仔虫(しちゅう)の貴方へ
涕(なみだ)を 取り成せば
未だ 忘れ掛けの
夢中の 窗(まど)は 無くさない故(から)

幼心(おさなごころ)開く
有(あ)りっ丈(たけ)の祈り
斃(たお)れても 手折(たお)れても
無くしたくないもの
離れても 露に 濡れても
忘らぬ 言葉

髫髪子(うないご)の 手房(たぶさ)へ
明日の 火を灯す
夢現(ゆめうつつ)の 光りかの 藁(わら) さあ
もがる 宇宙の彼方へ
投いだ手を 延ばせば
未(ま)だ 産まれ立ての
無窮(むきゅう)の 才(かど)は
垂(しだ)らない 萎(しお)れない
薨(みまか)らない故(から)

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加