酒呑童子

アーティスト陰陽座
作詞瞬火
作曲瞬火
赤るも 倫護(たぐいまぶ)り 私慝(しとく)を 咎(とが)められど
等閑(なおざり)午睡(ごよい)の余花(よか)
解け合う 故抔亡(ゆえなどな)く

刻を 遺す 鬼の名 彩(だ)み
孳尾(じび)の儘(まま)に

噫(ああ)是(かく)も 嶮(けだ)し 山(むれ)を 何故 徒跣(かちはだし)で
趾(あしゆび)尖鋭(せんえい)なる 爪こそ 化人(けにん)の瑕(きず)

刻を 遺す 鬼の名 彩(だ)み
孳尾(じび)の儘(まま)に

女(めす)に 窶(やつ)した 謀(たばか)りの綱を 振り解いて
芸に 傲(おご)った 金色(こんじき)の時雨 降り乱れて

光輝(こうき)を 頼る 者を
嘲(あざけ)る 義は 無かれど

僧に 窶(やつ)した 卜部(うらべ)の礼言(いやごと) 振り落として
酒(ささ)に 盛られた 貞しき光を 振り払って

闇夜(あんや)を 貶(おと)す者に
諂(へつら)う 気は 更 無し

讒誣(ざんぶ)の海 繁縛(けばく)の河 溺ほす
意趣(いしゅ)なら 空(あだ)し
流刑(るけい)の膿(うみ) 泥犂(ないり)の苛(か)は
甘噛(あまが)みか 歪(いぴつ)なり

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加