我が屍を越えてゆけ

アーティスト陰陽座
作詞瞬火
作曲瞬火
真っ白な光の飛礫(つぶて) 騒(ざわ)めきと響動(どよ)めきの調べ
高らかに掲(かか)ぐ其の手に 掛(か)け替(が)えぬ喜びを 抱いて

未だ誰も知らない 無敵の歌を
そう 転(まろ)びながら 手負(てお)いながら 探している故(から)

努(ゆめ) 忘れないで 今の燃える火を
また 廻る時も 熱い魂(こころ)のまま
だけど 僕らが若(も)しも 倒れたら
屹度(きっと)願う 迷わず 此の 屍(かばね)を越えて

真っ直ぐな睛(ひとみ)の礫(たぶて) ときめきと煌めきの調べ
朗らかに舞う掌(てのひら)に 迸(ほとばし)る魂を 掴め

もう忘れられない 素敵な歌が
そう 彼所(あそこ)じゃなく 其処(そこ)でもなく
此処(ここ)に存る故(から)

努(ゆめ) 忘れないで 今の燃える火を
また 廻る時も 熱い魂(こころ)のまま
だけど 僕らが若しも 倒れたら
屹度(きっと)願う 迷わず 此の 屍を越えて

もう離れたくない 異郷の町で
そう 詰(なじ)られても 飽きられても
声の限り 歌いたい故(から)

努(ゆめ) 忘れないで 今の燃える火を
また 廻る時も 熱い魂(こころ)のまま
だけど 僕らが若しも 倒れたら
屹度(きっと)願う 必ず 我が屍を越え 明日へ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加