馴れ合い

アーティスト乙三.
作詞大竹創作
作曲大竹創作
照れ臭くて言えないことたくさんあるけれど
胸の中で呟くだけじゃ擦れ違うのに

甘えているつもりはなく互いを認め合い
折にふれて確かめるのは形ばかり

街は音をたてて移ろう景色の中
変わらぬ想いを伝えよう 大切な君へ

抱きしめたいから優しくするんじゃないし
愛されたいから愛しているんじゃないよ
ただ君の涙うまく拭えたら褒めてほしいんだ、いつの間に僕の得意技

知らず知らず歩いて来た二人の道すがら
こぼれたのは溢れる様に燃える情熱

馴れ合う程ケンカもなく穏やかに過ごせば
不思議なもの昔話に強い憧れ

季節追いし日々に色付く花よりも
素敵に咲くだろう いつまでも一番好きだよ

落ち着きたいから選んだ恋じゃないし
守られたいから守っているんじゃないよ
ほら君の笑顔綺麗になったな、自慢するんだ唯一つ僕の宝物

抱きしめたいから優しくするんじゃないし
愛されたいから愛しているんじゃないよ
落ち着きたいから選んだ恋じゃないし
守られたいから守っているんじゃないよ
この君と暮らす幸せの空が、たまには雨でも曇らぬように出来る事
続いた雨から曇りの後にプレゼント
馴れ合いの果てに晴れ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加