エントランス

アーティストASIAN KUNG-FU GENERATION
作詞後藤正文
作曲後藤正文
焦げ付くような午後のグラウンド
光る「君」という名のボール
届かないと分かって そして無力を知って
つかえる胸 土濡らす通り雨

溶け出す前の君の希望を
できる限界で僕が拾うよ
叶わないとしたって 戻れないとしたって
届かぬ夢 淡い記憶 日々の影

限界センサー 響く警戒音
心の臨界点はまだ遠く向こうで青光り

流したはずのその言葉さえ
刺さったまま進む時間軸
弱さを知ったその心なら
そうさ そうだ 悠然と咲く

挫ける前の君の理想を
溶け出す前を知るんだ

限界センサー 赤い点滅を
心の臨界点はまだ遠く向こうの稲光り

流した涙だけあの日から
刻んだまま進む時間軸
正しさを知ったその心なら
そうさ そうだ 悠然と咲く

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加