博多恋橋

アーティスト鳳しん也
作詞喜多條忠
作曲蔦将包
たとえ体は はなれても
心はふたつに 裂けんとよ
中洲屋台で コップの酒を
俺に投げつけ 泣いてたお前
博多恋橋 わかれ橋
もっと注(つ)がんね もっと注(つ)がんね
強(きつ)か酒

好(す)いとうおんなを 捨ててクサ
男の自慢が 増えるとね
おまえに言われた 言葉が刺さる
嘘のネオンの 那珂川あたり
博多恋橋 忘れ橋
もっと注(つ)がんね もっと注(つ)がんね
辛(つら)か酒

風の噂じゃ 遠い町
今でもひとりで 居(お)るという
そろいゆかたで 見た山笠の
酔えば酔うほど 面影浮かぶ
博多恋橋 みれん橋
もっと注(つ)がんね もっと注(つ)がんね
強(きつ)か酒

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加