イツナロウバ

アーティストKICK THE CAN CREW
作詞KICK THE CAN CREW
作曲KICK THE CAN CREW
ある晴れた ある日のある時間
あるメンバーと 強く差す日ざしのもとに集まり
がむしゃらに(そう夢中に)過ぎてくわずかな日

太陽と地面 正面衝突
気温も上がり 当然今日も
抑えきれない 冒険衝動
誰もが戻る 少年少女
肌にからむぬるい風
とろけてる体を奮い立てる
集まるか… また長い かざらない
夜を過ごそうぜ仲間達
またみんなで裸足になれば
何かが始まりそう
決まりも何もない自然なしぐさが
通り過ぎる季節のフィルターが
いずれなくなるって分かってて
みんな黙って笑ってるぜ
流れてく汗もそのままに
その心 誰も覗かない

Oh! Ah! イツナロウバ!(It's not over)
このまま季節が静まろうが
そうだ 行ったろうか
Here we go now
Oh! Ah! イツナロウバ!(It's not over)
次の季節が見つかろうが
今日は 行ったろうか
Here we go now

水しぶきをあげるクロールに
涙で濡れるグローブに
暑い日々はスクロールして
またあっという間すぐ遠くに

ラジオからは超ちゃらい選曲
デモそんな曲も今日は天国
心地よい風がめくるパンチラに
一瞬固まり口半開き
一秒も無駄な事はなく
身にまとう汗が物語る
終わらない短い時を我を忘れて
小さい星の中で1人1人語ったり
愛しい人に告ったり 告られたり
笑ったり泣いたりするその間に
無情にも時は過ぎ去っていってしまうのみだ
だがまた晴れたら この仲間で
あの時間に この場所で

Oh! Ah! イツナロウバ!(It's not over)
このまま季節が静まろうが
そうだ 行ったろうか
Here we go now
Oh! Ah! イツナロウバ!(It's not over)
次の季節が見つかろうが
今日は 行ったろうか
Here we go now

海岸を流れる空き瓶の中
ゆっくり日をつける焚き火の中
まだ誰もいない空き地の中
でもそう君は君のまま

そいつは勝手にやって来て
また勝手に去って行く
そしてオレ達はまた変わっていく
神にだって誓っていい
身を焦がすほどの熱を気にも止めず
太陽以外何も求めず
息継ぎもせず 瞬きもせず
ひたすら遊ぶ 働きもせず
この調子でとばすか
タイムアップまではもうあとわずか
肌は色をおとし
今年もオレを1人 ここに残し
徐々に次第に弱った紫外線
まだ何も終わっちゃいないぜ
ワンサゲン騒げ行くぜ朝から
朝まで 朝まで

Oh! Ah! イツナロウバ!(It's not over)
このまま季節が静まろうが
そうだ 行ったろうか
Here we go now
Oh! Ah! イツナロウバ!(It's not over)
次の季節が見つかろうが
今日は 行ったろうか
Here we go now

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加