プリズナー No.1,2,3

アーティストRHYMESTER
作詞S.Sasaki D.Sakama
作曲D.Sakama
それは余りにも巨大な牢獄 いつになりゃあの自由に手が届く
そう 誰もが夢見てきた脱獄 だが塀の外はとてつもなく遠く
それでも鉄格子とコンクリート 看守の目くぐり抜け勝つヒント
見つけたこのありふれた3人と

あまりに長い期間 ここにいると まんざらじゃない気がしてくんだ
これがまた不思議と 例えばこの最初の罪人
彼にとっちゃこの過酷な獄中さえ ただの保証された衣食住
今さらシャバで暮らすなんて苦痛 むしろ感謝することさえしょっちゅう
何不自由ねえんだ 実際 そりゃ不満もあるがしょせん小さい
タテついたってロクに得ナシ まぁ慣れるんだ ここ独自の暮らし
つまりあのことわざ通り 「住めば都」 暇な時間活かす趣味を磨こう
仲間と手助けしあい たまにゃ楽しめるバスケの試合
何より好きな絵を描いてるうちに 忘れちまうんだ たいていの苦しみ
そんな時 彼は独り言うんだ 心の底で… 「オレは自由だ!」

それは余りにも巨大な牢獄 いつになりゃあの自由に手が届く
そう 誰もが夢見てきた脱獄 だが塀の外はとてつもなく遠く
それでも鉄格子とコンクリート 看守の目 くぐり抜け勝つヒント
見つけたこのありふれた3人と

第2段落目の主人公 彼も何かの縁でそこの住人共の仲間入りし
喰らうクサいメシ
シャバじゃ肩書きは会計士だったってのにそれが何になる
消灯時間になりゃ不安になる てな毎日が2年と半になる
ある朝だった 彼は生まれ変わったかのごとく求め出す最低の人権
ビビる仲間ら尻目に進言 看守達と渉り合い折衝
丸め込んで逆に説教垂れて
更に求める環境の改善 頼る仲間らにかわり代弁

独居房に押し込もうとその流れはアウトオブコントロール
勝ち取った権利むさぼるように 未だ彼は高い塀の向こうに
それでも彼は今日もまた言うだろう 「オレは自由だ!」と

それは余りにも巨大な牢獄 いつになりゃあの自由に手が届く
そう 誰もが夢見てきた脱獄 だが塀の外はとてつもなく遠く
それでも鉄格子とコンクリート 看守の目くぐり抜け勝つヒント
見つけたこのありふれた3人と

よっしゃ! 今度こそ間違いねえ オレの読みが正しきゃゴールが近いぜ
暗く長げえトンネル この上じゃきっと自由に鳥が飛んでる
捕まりゃそうとうキツい 過去25回の脱走未遂
だがやったるぜ! オレは何度でも こんな場所にゃガマンならんとても
日々の暮らしで忘れがち だが事実 飼われてんだ まるで家畜
何が自由だ アタマでっかち 真の自由は隠し持つトンカチ
毎晩ベッドにゃ紙粘土の身替わり
2時間ごとの看守の見回り うまくやり過ごすと
ただひたすら抜け穴掘ったんだ コツコツと
そして約半年経ったこの日 全て準備が整い
深夜決行した大脱走 出口はすぐそこ さあ旅立つぞ
暗く長げえトンネル抜け出し 今世界へ
振り向くと見慣れたあのデカい塀
中に残る仲間達に オレは言うんだ… 「これが自由だ!」

…と喜ぶことほんのつかの間 夜霧の向こうに見えてきたのは
さっきより更に更に高い壁
状況は未だに向い風
ガッデーム! まあしゃあない 前に進むしかない
こうなったからにゃ振り向かないで目指す 未だ見ぬ理想のユートピア
明日はどっちだ?

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加