2008

アーティストUA
作詞UA
作曲内橋和久
みんなの歌が空に届く
輝くような黒い朝に
そんな無闇に鐘をうつのは誰
ふと揃えた呼吸がうねり
スパイラルに雲をつき抜け
遠くに落ちたサインの砂を払う

どんなに強く拒んでも また蝿はたかるもの
額にミルクをたらし 治るまで眠ろう

ノイズの中にも消えないささやきは聴こえる
そばだち始めた嘘が生える場所に心寄せて

みんなの影が河を渡る
終わりの無い時を求めて
少年はまだ痩せた右手を伸ばす

ずっと夢みた今日という日に気づくことなく
また夢を見て ましてその日が来ることさえ恐れてた

どんなに白い壁にも蟻達は列をなす
あなたの鏡に写ったわたしをもう許そう

始まりはいつも恐怖が伴っているもの
誰も信じなかった世界が響く あなたの側で

you can hear the whisper
it's coming through
unerased in the midst of all the noise

feeling for the place where
a towering lie begins to rise
to a burgeoning

always all things dawning
begin go together hand in hand
with a fear of what's to come

meanwhile an entire world no one believed in
is resounding right next to you

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加