chimeless days

アーティストkazami
作詞麻生哲朗
作曲藤本和則
抜け出した屋上 指とはしゃぎ声で雲を撃っていた夏
大袈裟に背中で隠し持ってた夢をかかげ 笑った放課後

あきれた神様がきっと 始めも終わりも作らないでいたはずの日々

明日 卒業のチャイムが鳴る
輝いた退屈に キミと見上げた広い空に
あの日雲を消せたみたいに 明日の悲しい音も
消せてしまえばいいのに

寝そべった屋上 流れた星を早口で追いかけた冬
願い事を叶える場所はここから遠いことに気づいてた夜

アクビでにじんだ地図は丸めて投げてた 変わらぬ未来を呼べた日々

明日 卒業のチャイムが鳴る
駆け上がった階段に 逆さまに見た高い空に
あの日話した夢に向けて キミが歩く合図なら
聞こえなくてもいいのに

サヨナラをあきらめたオトナがつぶやく「ありがとう」なんていらないよ

卒業のチャイムが鳴る
輝いた退屈に キミと見上げた広い空に
ひとつ約束をするのなら 遠く離れたどこかで
同じ雲を見つけて

同じ雲を 同じ星を 同じ時に見つけて

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加