人であるがゆえ

アーティスト臼井嗣人
作詞臼井嗣人
作曲臼井嗣人
種を蒔いたのはモノクロの世界に色彩(いろ)を期待したから
錆びたシャベルでも土を削れる 武器になることを知る
キミを抱いたのは出会った事に意味を持たせたいから
雨を待ったのは全てをひとまず洗い流したいから

春の陽射しに触れた途端
次の種蒔く本能 一瞬忘れた

芽を出す事を望まれる種 望まれない種
どちらも僕が蒔くんだ
違うのは 違うのは気持ちだけ
その時々で繋がるだけなら それ 猿でも出来るんだ
求めたのは 求めたのは「気持ち良い」だけ

いつの頃からかまだ見ぬ花を頭の中描いた
君を抱いたまま錆び付いた武器を手放そうと思った

春の陽射しに感じた永遠
その中で種を蒔き続けたいと願った

邪魔になるから望まれない種
記憶の隅追いやるんだ
守るのは今生きる気持ちだけ
望んだ種育てる僕等は
都合良くも思うんだ
どうか幸せに どうか永遠に

Welcome to the paradise !
そう言い切って良いだろうか
Welcome to the paradise !
そう言い切ってやれるだろうか
愛すべき花が咲き誇れる そんな世界はどこにあるんだろうか
初めから無いんだろうか
純真は 死んだ 死んだ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加