小さな歴史の詩

アーティストangela
作詞atsuko
作曲atsuko KATSU
雨は 少しずつ季節変えて
木々は紅く染まっていくよ
また1年 あなたと過ごしてきたんだなぁなんて
想いにふけるよ

臆病なわりに無謀なあたしを
いつも支えてくれてありがとう
慌ただしい世界に 2人だけは流されぬように
手をつないで行こう

巡り会えたこの奇跡を 喜び分かち合える時間を
胸の奥に刻み込んでいこう
それはかけがえのないモノ
あなたは気付いているのかなぁ?
斜め見上げたら 眼が合って笑った それでいい

未来ぼんやり描いた想像
それはきっと「今」の延長線
2人で積み重ねた 小さな歴史を抱きしめて
また明日へ向かう

遠くで聞こえる鈴の音 また今日とゆう日が終わってくね
夜の匂い 少し肌寒い
夢の中へ旅立っても
もしかして逢えるかも…なんて
隣に眠るあなたに キスをした good night

巡り会えたこの奇跡を 喜び分かち合える時間を
胸の奥に刻み込んでいこう
それはかけがえのないモノ
あなたは気付いているのかなぁ?
斜め見上げたら 眼が合って笑った それでいい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加