発見

アーティストsora tob sakana
作詞照井順政
作曲照井順政
夏の
夏の終わり
祭囃子
遠くなって
巨大な歯車が回る
それらが奏でる
完璧なリズム

鉄の心臓の
脈に揺れながら
虹のパウダーで
街を塗りつぶす
お祭りの夜は
過ぎ去っていった
彷徨う熱だけを残して

夢から醒めたら
夏の終わり
午後の陽は眩し過ぎて
幻の様な
あの季節の
抜け殻を眺めていた
街は飽きもせずに
笑っている
思い出を吸い尽くして
まばゆく輝いてる
やがて哀しい
独り言 空に投げた
気のせいさ

夏の終わり
祭囃子
覚えている
雨の匂い
腰を下ろし
土にさわる
息をしてる
まばたきする
飛んでる虫
沈む夕日
髪が少し
長くなった
好きな人を
想像する
喧嘩をする
誰かがいる
大事なこと
忘れていく
空が見える
魚が舞う
胸が少し
ドキドキする
発見する

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加