Fleeting Dream

アーティスト雨宮天
作詞高島鉄平
作曲山田祐輔
歩き慣れたいつもの道
何度も夢見た遠い空に
立ち止まれば溢れてくる
涙と淡い思い出

投げかけた想い 言葉にしても
届かないまま空に散った
共に刻んだひび割れた誓いを手に
また一歩歩き出した

流れる星に 願った未来は
夜空の虚空に消えた
明日を照らす ひとすじの光
そっと抱きしめた
ずっと消えないで

上手く言えないこの気持ち
気付かれないまま 時は過ぎて
繰り返される日々の中 不安に埋もれた心

いつからだろう 信じる事を
ずっと忘れていたみたいだ
離れかけた手と手をまた握りしめ
閉ざしたトビラ開いた

流れる星が 闇にのまれても
きっと探し出せるから
小さな星の 小さな光は
ずっと輝いて
明日へ導く

流れる星に 強く願った
儚い夢だとしても
明日を照らす ひとすじの光
そっと抱きしめた
ずっと消えないで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加