セピア狂想曲 ~暗褐色ラプソディー~

アーティスト一世風靡セピア
作詞道乃上夢麿
作曲GOTO
桜の花が舞う こち風に吹かれて
糸遊(いとゆう)が朧(おぼろ)に 霞麗(かすみうらら)かに
土が跳(は)ねた 跳ねた 跳ねた 跳ねた 跳ねた
人は皆 春の日に酔う

木立(こだち)が生い茂る あい風に吹かれて
麦藁(むぎわら)を翳(かざ)した 打水(うちみず)集う子よ
花火飛んだ 飛んだ 飛んだ 飛んだ 飛んだ
人は皆 夏の日に酔う

宵闇の空には 初(はつ)風に吹かれて
赤や黄の木々間(きぎま)を 月の影が射した
木の葉散った 散った 散った 散った 散った
人は皆 秋の日に酔う

凍空(いてぞら)息白く 北風吹かれて
草木も枯れ果てて 虎落笛(もがりぶえ)が鳴った
雪が降った 降った 降った 降った 降った
人は皆 冬の日に酔う

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加