秋桜

アーティストIZAM
作詞IZAM
作曲a-k, S.Shiera
午前零時に江ノ島まで 君を乗せたJugarで走る
なんだか切なくて・・・
中途半端な僕だけれど ひとつだけ信じて欲しい事
ふたりで居た時間を・・・

夜の高速をすり抜けたら海まで少し、この夏が終わる前に・・・

かわいた風にくちづけして、君が色褪せないように
波打際ではしゃぐ君を今年もまた想像している
君の唇に溺れたいMellowに甘く
夢見てるだけじゃつまらない 又、君に逢いたい

午前参時の交差点で 秋桜がゆれるあの場所で
手を振る君が居る・・・

君の家までは あと、どのくらいあったのだろう
知らない事が切ない・・・

暗闇に咲く白い花が、遠く消えてゆくまで
バックミラーで見つめていた 気持ちにブレーキかけたまま
君をあの夜抱きたかった 欲しくて君が・・・

手遅れだけど今言えるよ 君だけを愛してる・・・

助手席で笑いころげる横顔が
くだらないJokeをからませ
思い出が僕をかきたてる!

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加